2015年02月26日

水仙のモザイク病

24日に、家の仕事の荷物を実家に預かってもらうため出かけました。
もうすっかり春で、秋に鉢植えした水仙が芽を出して、ゴールデンレインと、バイカラーラインベルトアーリーセンセーションは咲いていました。
ですが、ショックなことにゴールデンレイン1球と、ヒルスター(未確認)がモザイク病でした。
両方ひとまず抜いて、ビニール袋に入れて持って帰ってきました(捨てます)
気分的に嫌なので鉢の土も焼きたかったのですが、仕事中なので自由勝手にも出来ずそのまま置いてきました。
残ったゴールデンレインも捨てればよかったし、周りの鉢も捨ててしまいたい!
家に帰り、タグを見ると病株2種は同じメーカーの同じ産地の商品でした。
管理の行き届かない畑があったのでしょう。
 
落ち着いて考えて、ゴールデンレインの残りは思い切って捨てて、他の品種はまだ芽が出たばかりなので、次回よく観察してあと数年鉢のまま育てることにします。
理想を言えば鉢ごとカバーをかけたいですが。
 
水仙の品種を増やそうと思った矢先で、とてもガッカリしました。
実家の大量の水仙を見まわしてみて、モザイク病の水仙はなかったので良かったです。
 
最近は何でも植物を増やすのはやめようと決心していますが。
こんな事があると、いよいよ決意が固くなります。
近所のグッデイでアマリリスの芽だし球根が売っていましたが、やはりこちらもモザイク病??のような。
アマリリスは本当にモザイク病なんだろうか。
単にこういう品種ではなかろうかと、悩みます。
誰かハッキリ教えてほしい。
 
 
アマリリスと一緒に水仙の芽だし球根も売られていました。
芽だし球根を買うのはいい考えかもしれません。
 
素人園芸家は素人なりに悩みが尽きません。
 
タグ:モザイク病
ランキングに参加しています♪
ぽちっと押してくださると、とっても嬉しいです(^-^)
w-line9.gif
w34.gif w142.gif w62.gif
posted by SIZUMI at 13:45 | Comment(0) | 防除・消毒・施肥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。